アルフレックス(arflex)

arflex(アルフレックス)、モルテーニなどを扱うライフスタイルファニチャーブランド
世界で最もデザインの権威がある国とされているイタリアで1951年に創業されたブランドで、日本でも人気のあるモダンファニチャーの代表的ブランド、アルフレックス。
イタリア語で家具という意味の「arredamenti(アレダメンティ)」と英語で柔軟性・適応性という意味の「flexibility(フレキシビリティ)」の頭文字からarflexと名付けられました。いつの時代にもどのような環境にも適応する家具でありたいという思いが込められています。

1951年にイタリアで生まれ、その後1969年に海をわたり「イタリア生まれ、日本育ち」のブランドとして、イタリアの合理性と日本の価値観や住環境に適したものづくりによって、長くお使いいただける家具と、心豊かに暮らすためのライフスタイルを提案しています。

arflexの願いは「上質な快適」をお届けすること。
家具とともに始まる豊かな生活をお届けすることです。
そしてarflexが考える豊かな生活とは、人が主役で人が中心の生活。
デザインよりも、使い勝手や快適さを大切にし、機能とデザインが調和し、使う人に寄り添う家具を追求しています。
また何年経っても飽きることのないシンプルなデザインと長く安心してお使いいただくための耐久性を高めることで、将来のメンテンナスに配慮。
arflexの求める家具はまさに「生活の道具」です。
上質の家具を、理想の生活像を描いていただけるようにご提案し、お届けし、そしてメンテナンスをする。
これが<arflex>そのもの。arflexはこの理念を追求し続ける、ライフスタイルファニチャーブランドです。

brand story
アルフレックスジャパンは、イタリアのアルフレックス社で家具作りを学んだ保科正が、日本での販売権と日本オリジナルデザインの製造権を持って帰国し、1969年に設立しました。イタリアで生まれ日本で育ったアルフレックスジャパンのブランドストーリーを、時代を映す製品の数々とともにご覧ください。

<arflex>製品には、常に「ライフスタイル」への提言が込められています。
暮らし方の多様化 、時代による環境の移り変わりは、くつろぐスタイルにも変化をもたらしています。
それらを鋭敏に感じ取り、将来を見据えた製品づくりを追求。
これが<arflex>のデザインセオリーです。
そして設計段階では、長く安心して使える「生活の道具」であることをベースにおき、快適性と耐久性を追求した素材の選定と構造の検証、また将来のメンテナンス性に配慮した構成を追求。すべてにおいて、「長く安心して使える家具」の思想が貫かれています。
「長く安心して使える家具」
アルフレックスのソファは座り心地・触り心地にこだわり、一点一点丁寧に創りだされており、ソファの縫製作業も熟練の職人が手作業で行っています。
時代とともに変化するライフスタイルに適応し、世代を超えて親から子へ、子から孫へ受け継がれ、長く愛されるためにアルフレックスは”長く使える”ことにこだわっています。そのため、クッションの修理やカバーの再制作などのメンテナンスサービスにも力を入れています。
<arflex>製品を、長く安心してお使いいただくために、変わることのない<arflex>のものづくりについて
積み重ねられた技術、そして品質を守る厳しい基準に支えられながら、常にこれからのライフスタイルへの提案を行っています。

adoorではアルフレックス(arflex)の商品を多く高価買取しております。

アルフレックス(arflex)の家具の売却をお考えの際は、ぜひご相談ください!