ゲタマ(GETAMA)

ETAMA(ゲタマ)は1899年にデンマークのGedstedという町で生まれた北欧家具ブランドです。今ではソファーのイメージがリますが、当初はソファを作っていたわけではなく、ベッドマットレス専門のメーカーだったこともあり今でもソファやソファベッド、デイベッド、リビングチェア、オットマンなどマットレスの技術を活かした製品に強みがあり、ソファと合うセンターテーブルもデザイン性が高く人気です。

また、当時はマットレスの中身には海藻(Tang)を使用していましたそうです。
町の名前のGedsted、海藻の意味のTang、マットレス・Mattressの頭文字をとって
GETAMA(ゲタマ)となったそうです。。

北欧家具のデザイナーの中でも特に有名なハンス・J・ウェグナーと組んでおり、
ゲタマは革新的なデザインの家具を次々と発売し、世界中で評価されるブランドへと成長しました。ウェグナーの代表作でもあるソファ「GE290」、デイベッド「GE258」などは今でも高値で取引されています。また、廃盤品の復刻や、かつての名作を現代風にアレンジした商品も販売されています。
——————————————–
アドア東京では、ETAMA(ゲタマ)のデザイン家具高価買取、日本一を目指しましています。
——————————————–

数多く依頼のあるデザイン家具でもETAMA(ゲタマ)に力を入れています。
経験豊富なスタッフが、その場で査定をします。 あなたの思い入れのある家具だからこそ、高価買取でご提案する努力は惜しみません。 アドア東京は、どこよりも高く。業界最高値でのETAMA(ゲタマ)のデザイン家具買取いたします。