giroflex(ジロフレックス)買取

—————————-

giroflex(ジロフレックス)のコンセプト

—————————-
人間工学に基づく先端技術を集結。正しい座りを科学したジロフレックス
コンピュータの急速な普及により、情報化社会と呼ばれるようになった今日、オフィスチェアは外観よりも機能性や座り心地など作業効率が重要視されています。日々使用するイスと医学の関連性にいち早く着目したジロフレックス社では、1919年より次世代のニーズを見据えてエルゴノミクスという新しい概念に基づき長年に渡る科学的研究と分析を重ねてきました。

1871年の創立以来、座ることについての徹底的かつ科学的な研究開発により、設計に関する新しい見識と熟練技術者のノウハウとマイスタースピリッツにより、エステティック(審美学)、エルゴノミクス(人間工学)、エコロジー(生態学)、エコノミー(経済性)の4つのテーマが融和されたイスを創造し提供し続けています。

—————————-

giroflex(ジロフレックス)の歴史

—————————-
1926年、世界で初めてスプリング付回転椅子を製造。1930年には世界初のキャスター付回転椅子を開発しました。長年に渡るスイス連邦工科大学とのエルゴノミクスの共同研究により、時代の要求に応じたオフィスチェア開発の基礎を築いたパイオニアとしてヨーロッパでは特に有名です。
ジロフレックス社は、日々使用される椅子と医学の関連性にいち早く着目し、1919 年より次世代のニーズを見据えて、エルゴノミクス(人間工学)という新しい概念に基づいて長年に渡る科学的研究と分析を重ねてきました。
1960 年代にはエルゴノミクスのパイオニア的な存在であるE.グランジャン教授、労働生理学者や整形外科医との共同研究を通じて椅子の設計は角度、半径、高さ、奥行きおよびDIN(ドイツ標準規格)・EU(ヨーロッパ標準規格)の規格など人間工学、人体解剖学的要求基準のすべてを満たし“正しい椅子”の開発に成功を収め、椅子の歴史に多大な転換期をもたらしました。
座る人と椅子の関係を徹底追及したエルゴノミクスの理念を具現化した機能性と伝統が育んだクラフトマンシップの見事な調和が創り出す優れた品質と耐久性により、ジロフレックスの製品は最先端のオフィスチェアとして世界的に高い支持を獲得しています。

—————————-

アドア東京では、giroflex(ジロフレックス)社のデザイン家具や雑貨を高価買取しています。

—————————-
数多く依頼のある家具の中でもgiroflex(ジロフレックス)の家具買取には特に力を入れています。 経験豊富なスタッフが、その場で査定をします。 あなたの思い入れのある家具だからこそ、高価買取 でご提案する努力は惜しみません。 アドア東京は、どこよりも高く。業界最高値でのgiroflex(ジロフレックス)の高価買取いたします。