大塚家具(IDC)

大塚家具は、1928年に創業されました。

独立後、各商品の売り場に販売員がいるのではなく、家具をトータルコーディネートしてくれる販売員が1対1で接客してくれるスタイルで他店との差別化を図り

事業を拡大してきたブランドです。当時の社長である、初代社長 大塚勝久氏は、国内でのインテリア販売を確立したパイオニアであり、1993年には会員制を採用し、話題となり

さらに事業拡大をしました。

2009年には大塚久美子氏が社長に就任し、画期的な大塚家具の新しい方向性を打ち出し、話題を作りました。

現在は、大塚家具IDCを大塚久美子氏が率い、雄久氏は匠大塚の会長として事業を二分しています。

IDCは社長の意向から、よりカジュアルで、お洒落な、女性社長らしい雰囲気の家具ブランドとなっており、

かつての大塚家具の接客スタイルとも違います。

「幸せをレイアウトしよう」というブランドビジョンを掲げ、ブランドリニューアルを図り、さらにヤマダ電機の傘下となったこともあり

今後の展開が楽しみな家具ブランドです。

アドア 東京では、IDC大塚家具の買取に力を入れており、高価買取をしております。

お引越しなどでご不要になった家具がございましたらご相談ください。