karimoku60(カリモク60)買取

karimoku60(カリモク60)

カリモク60(カリモクロクマル)は日本最大級老舗家具メーカー「カリモク家具株式会社」のブランド。D&DEPARTMENTが主催をする「60VISION」 プロジェクトに賛同し、1962年から廃盤になることなく作り続けられてきたプロダクトを改めて世に伝えるべく、2002年に誕生しました。 『変わり続ける現代だからこそ変わらない価値を持つモノ』をコンセプトにした、古くて新しいブランドです。

60VISION 日本を作ったスタンダードだけが集まる仕組み
1960年代、日本にマーケティングという概念が今のように浸透する以前、日本のメーカーは自分たちが提案したい「世界に適用するスタンダード」を情熱をこめて作っていました。「ロクマルビジョン」はそんな素晴らしい商品たちを、その商品に込められた企業のものづくりの思いと共に掘り起こす「ロングライフデザイン」のブランドで、これまでに12社が参加しております。
カリモク60 アデリア60 ホウトク60 A60 ノリタケ60
マーナ60 エース60 ヤマギワ60 コトブキ60 マルニ60 ホッカ60‥

日本のロングライフブランド「カリモク60」
1962年に国内向け木製家具製造を開始して以来、’カリモク家具’として時代の流れに左右されることなく製造、販売し続けてきたアイテムと、当時生産されていたものを復刻し、再編集したものが「カリモク60」です。

日本デザイン振興会の「ロングライフデザイン」
ロングライフデザイン活動家であるナガオカ・ケンメイさんが
カリモク家具に提案し「カリモク60」は始まりました。

ロングライフデザインの定義とは
人々の暮らしの中で長く使い続けられているデザインを【ロングライフデザイン】と呼びます。これは、long(=長い) と life(=命) を組み合わせた和製の造語で、流行に左右されることのない普遍的で優れたデザインが【ロングライフデザイン】であると言えます。

①カリモク60の商品
ほぼひとつひとつが職人による手作り。
一般的に想像される機械での製造よりもはるかに人の手が加わっています。
むしろ、機械よりも人の方が忙しそうに動いている。
効率的な部分は機械で行い、最後は熟練の職人の手によって仕上げられます。
職人は老若男女問わず、高い知識と技術、仕事の早さと正確さを競い、社内の厳しい試験に合格した方しか行う事が出来ないそうです。
その無駄の無い手さばきの美しは一見の価値があります。
Kチェアのアームのシルエットは温かさを感じるやさしい曲線を持ち、いつまでも触っていたくなるという感覚になるのも、人の手で作った証拠なのかもしれません。

カリモク60代表作
Kチェア ロビーチェア Dチェア Dテーブル・・

Kチェア(1962’)
962年、初めて自社製品として開発されたカリモク椅子の第一号。
50年以上も変わらないデザインで愛され続けています。
製品は消耗パーツの交換が可能で奥行きが浅め、日本人の体にぴったりフィットするソファです。

ロビーチェア(1968’)
より良い座り心地、重厚感を追求して総張り椅子であるロビーチェアが開発されました。

Dチェア(1969’)
座面の高さが低くワイドなシートが特徴。
リビング&ダイニングの兼用として開発されました。

Dテーブル(2004’)
多様なスタイルに合うように現代の生活に合わせ新しくデザインされました。

②カリモク流の乾燥
反りや割れの生じない木製の家具づくりには最適な乾燥が不可欠です。
ただ乾燥させれば良いわけではなく、3~6ヶ月もの天然乾燥ののち、理想的な含水率まで人工乾燥を行い、その後また3ヶ月間のシーズニング(環境になじませる)でようやく加工できる状態に仕上げます。
木を知り尽くした乾燥技術の高さが、割れなどが生じない良い家具づくりに繋がっています。良いものづくりをモットーにする国産家具メーカーだからできることです。
「F☆☆☆☆」(エフフォースター)はシックハウス症候群対策として2003年に建築基準法で設けられたホルムアルデヒドの排出量を示す安全基準で、星が4つあるものが最高ランクです。
家具の製造においては義務づけられておりませんが、カリモクの家具は全て、エフフォースターの材料、塗料、接着剤を使用しています。
そのため、瞬間接着剤のような揮発性接着剤は使用せず、何倍もの乾燥時間が必要となっても、人に優しいものづくりを優先しています。義務ではないのにこの徹底ぶり。とてつもない企業努力です。

アドア東京では、karimoku60(カリモク60)の商品を高価買取しております。

扱いの多い人気ブランドですので、良いご提案ができるかとおもいますので是非ご相談ください!

カリモク買取はアドア東京まで!
☎ 0120-531-017(9:30-18:30)
✉ info@adoor.jp
店舗:東京都世田谷区上用賀6-26-7
https://www.a-zrecycle.com/