リーン・ロゼ(ligne roset)買取

————————————-

リーン・ロゼ(ligne roset)ブランドコンセプト

————————————-
1860年に誕生したロゼ社では
世界的に活躍するデザイナーとコラボレーションを行い
ライフスタイルをトータルに提案しています。
世界を代表するデザイナーとのコラボレーション『LE STYLE DE VIE』とは、ライフスタイルという意味です。
ロゼ社は、コンテンポラリーなライフスタイルをトータルに提案することをブランドコンセプトにしています。常にコンテンポラリーなライフスタイルをトータルに提案するために約100名のデザイナーがligne rosetに携わっています。
『ligne roset』
ligne』(リーン)とは、コレクションという意味があります。
『roset』(ロゼ)とは、創設者の名前です。
つまり”ロゼコレクション”という意味です。

————————————-

リーン・ロゼ(ligne roset)の歴史

————————————-

1860年創業のロゼ社は、フランス リヨン郊外のブリオードが発祥の地です。
ローヌ川の支流ブリバス川の近くで豊富なブナからエネルギー資源を利用して傘とステッキのメーカーとして創業しました。当時の従業員は30名程で木工所からスタートしました。
1946年会社を設立し、戦後の数年間は、椅子を中心に、フランスの病院、学校、および大学へ家具を供給し、革新的なデザインが受け入れられて国内市場に侵入してきました。
1965年ロゼ社を設立。コンテンポラリー家具の本格的な製造開始。併せてデザイナーとのコラボレーションが始まりました。
1968年には、当時の家具市場において大革命となるオールウレタン構造のソファを開発しました。(TOGOの原型はこの時に始まりました)
1973年ミッシェルデュカロワの作品『TOGO』がパリ国際家具見本市で発表され、来場者をあっと言わせるほど、瞬く間に世界中にデザインの影響を及ぼしました。
この年にパリにligne roset shop(直営店)の1号店が出店されました。
今日では、フランス有数の国際ブランドとなり、世界の需要に対応するために、リヨンの東に位置する場所へ巨大な6つの工場があります。
社員数も1500名を超え、世界64か国1500店舗の販売拠点を展開しています(オンリーショップは、250店舗以上)ここ日本でも東京・六本木、東京・池袋、山梨県・甲府、大阪・心斎橋の4店舗があります。
現在は、ソファ、キャビネット家具の他に、照明、アクセサリー、カーテン、テーブルウェアーに至るまでライフスタイルをトータルに提案し続けています。
リーン・ロゼブランドの世界戦略として、アジアにおける巨大マーケットである日本の皆様もリーン・ロゼ製品を楽しんでいただければ幸いです。

————————————-

アドア東京では、リーン・ロゼ(ligne roset)社の フランス家具や雑貨を高価買取しています。

————————————-
数多く依頼のある家具の中でもリーン・ロゼ(ligne roset)の家具買取には特に力を入れています。 経験豊富なスタッフが、その場で査定をします。 あなたの思い入れのある家具だからこそ、高価買取 でご提案する努力は惜しみません。 アドア東京は、どこよりも高く。業界最高値でのリーン・ロゼ(ligne roset)の高価買取いたします。