ルイスポールセン(Louis Poulsen)買取

—————————————–

ルイスポールセン(Louis Poulsen)ブランドコンセプト

—————————————–
ルイスポールセンが目指すのは単にランプをデザインすることではなく、光をかたちづくり、人を幸せな気分にする雰囲気を作り出すことです。
目に心地よいコントラストを大切にしたいという考えは、お気に入りの場所に美しい照明をもたらすためのインスピレーションになります。

機能美を備えたルイスポールセンの製品は、どんなスタイルの空間とも調和を保ち、魅力的で優しい光を発します。
光をかたちづくる、というルイスポールセン社のデザインは、1926年にポール・ヘニングセンが完成させた3枚シェードのPHランプが持つ、デザインと光の二重性に遡ることができます。 光と影、フォルムと機能、モダンとクラシック。 光と製品のクオリティーの高さは、クラフツマンシップと新しいテクノロジーの両立で保たれます。

—————————————–

ルイスポールセン(Louis Poulsen)の歴史

—————————————–
1874年「Ludvig R. Poulsen(ルドヴィグ・R・ポールセン)」によって創業しました。
1924年、デザイナーの「ポール・ヘニングセン」とパリの博覧会のために共同で開発した照明器具「パリ・ランプ」が高い評価を受けました。ルイスポールセンは、照明器具業界において革新的なメーカーの一つとしての存在を確立しました。照明器具の販売を開始し、さらに1926年、ルイスポールセンとポール・ヘニングセンは、コペンハーゲンに新しく建設されたフォーラムビルに、3枚シェードの「PHランプ」を使用した照明を提供する契約を獲得することになります。

—————————————–

アドア東京では、ルイスポールセン(Louis Poulsen)社の デザイン家具や雑貨を高価買取しています。

—————————————–
数多く依頼のある家具の中でもルイスポールセン(Louis Poulsen)の家具買取には特に力を入れています。 経験豊富なスタッフが、その場で査定をします。 あなたの思い入れのある家具だからこそ、高価買取 でご提案する努力は惜しみません。 アドア東京は、どこよりも高く。業界最高値でのルイスポールセン(Louis Poulsen)の高価買取いたします。