マルニ(maruni)買取

————————————-

マルニ(maruni)のブランドコンセプト

————————————-

「100 年後も世界の定番として認められる木工家具を作り続ける」こと。それは、様々な文化や価値観の入り混じる世界でトレンドに流されない普遍的価値を追求するモノづくりを実践すること。その活動により日本のインテリアブランドとして世界のデザイン史に名を残せる仕事をしていきたい、そしてマルニ木工の所在地である広島県・湯来の地が、世界中の木工を志す人が、「一度は訪れてみたい」と願うような場所にしたいと夢を描いています。この夢に共感し一緒に発展させていける人材を私たちは必要としています。

————————————-

マルニ(maruni)の歴史

————————————-

創業者である山中武夫は、広島県の宮島で木を用いた伝統工芸が、まるで手品のように自在に形を変えていく「木の不思議さ」に魅了される。
その後、当時としては技術難度の高い「木材の曲げ技術」を確立致しました。それまで手工業の域を出なかった日本の家具工業に対し、工芸の工業化」をモットーに「職人の手によらない分業による家具の工業生産」を目指しました。 戦後、木材の人工乾燥技術の研究開発を始め、高度な木工加工表現のため新技術を開発導入し、「技術のマルニ」と評される礎を築き上げました。一品生産の高級品だった彫刻入り家具の工業化に成功し、1968年に開発した「ベルサイユ」は日本の洋家具史上最大のヒットとして今も知られ、日本の代表的ブランドになると同時に、伝統的な美しさを生み出す良質な家具メーカーとしても成長しました。
しかし1990年代以降、「美しい家具を」という思いが風化してしまいかねない時代に危機感を抱き、そこで国際的なデザイン感覚と日本独自の木に対する美意識、そして精緻なモノづくりの技を融合したマルニ木工にしか生みえない、日本から世界へ発信する家具造りをスタートしました。使い手の生活に溶け込み、100年後も定番として愛される家具を目指し今日も木と向き合い、モノづくりに励んで致します。

————————————-

アドア東京では、マルニ(maruni)社の
木工家具や雑貨を高価買取しています。

————————————-

数多く依頼のある家具の中でも
の家具買取には特に力を入れています。
経験豊富なスタッフが、その場で査定をします。 あなたの思い入れのある家具だからこそ、高価買取でご提案する努力は惜しみません。 アドア東京は、どこよりも高く。業界最高値でのマルニ(maruni)の高価買取いたします。