muji(無印良品) 買取

1980年12月、株式会社西友のプライベートブランドとして40品目でデビューし、現在では約7,000品目を展開するブランドへと成長しています。商品開発の基本は、生活の基本となる本当に必要なものを、本当に必要なかたちでつくること。そのために、素材を見直し、生産工程の手間を省き、包装を簡略にしました。この方針が時代の美意識に合い、シンプルで美しい商品が長く愛されてきました。
1989年に西友から独立した良品計画は、「無印良品」の企画開発・製造から流通・販売までを行う製造小売業として、衣料品から家庭用品、食品など日常生活全般にわたる商品群を展開しています。

おいしくて健康にも役立つ食品。着心地よく、身体になじむ衣服。使い勝手を第一に考えた生活雑貨。「わけあって、安い」をキャッチフレーズとし、安くて良い品として開発された無印良品。ふだん見過ごしがちな基本のもの作りのために素材を見直します。品質は変わらないのに、見栄えのために捨てられているもの。業務用の素材。世界中から見つけた原材料や、安価で大量に確保できる旬のものなどを活かして、低価格で質の良い商品が生まれました。

国内無印良品店舗 合計420店舗
Café&Meal MUJI 29店舗
IDÉE 9店舗
海外では、中国 256店舗、香港 20店舗、
台湾 48店舗、韓国 34店舗、イギリス 11店舗、
フランス 7店舗、イタリア 8店舗、ドイツ 7店舗、スペイン 5店舗、ポルトガル 1店舗、アイルランド 1店舗、スウェーデン 1店舗、ポーランド 1店舗、U.S.A. 17店舗、カナダ 8店舗
シンガポール 11店舗、マレーシア 7店舗、タイ 17店舗、インド 4店舗、オーストラリア 5店舗、インドネシア 7店舗、フィリピン 5店舗、クウェート 3店舗、UAE 5店舗、サウジアラビア 4店舗、バーレーン 2店舗、カタール 2店舗
Café&Meal MUJI 20店舗
海外合計:517店舗
国内・海外計:975店舗

Café&Meal MUJI
無印良品のカフェを展開しているカフェ・ミール事業部では、「素の食」をテーマに野菜のメニューを中心に、季節の素材やこだわりの食材をたっぷりと使った、体にやさしく食べておいしい料理、デザート、ドリンクを提供しています。
無印良品キャンプ場
「過剰なサービスは省きましたが、自然は豊かです。」をスローガンに、津南キャンプ場(新潟県・津南町)、南乗鞍キャンプ場(岐阜県・高山市)、カンパーニャ嬬恋キャンプ場(群馬県・嬬恋村)の3つの拠点でキャンプ場を運営しています。周辺の約70万坪(3ヶ所合計)の森林を管理するほか、さまざまなアウトドア教室では、地元の方々に講師を務めていただくなど、周辺地域に根ざした運営を行っています。
MUJI BOOKS
少しの言葉で、モノ本来のすがたを伝えてきた無印良品は、生まれたときから「素」となる言葉を大切にしてきました。人類最古のメディアである書物は、暮らしの発見やヒントを記録した「素の言葉」の宝庫です。古今東西から長く読み継がれてきた本を集めて、MUJI BOOKSでは「ずっといい言葉」とともに本のあるくらしを提案します。
無印良品とは「印の無い良い品」という意味です。無印良品の商品アイテムは、衣服や生活雑貨、食品、そして家まで、7000アイテムを超えました。しかしその思想の根幹は誕生当時と変わらず、北をさす方位磁石のように、生活の「基本」と「普遍」を指し続けています。

 

adoorではmuji(無印良品)の商品を多く高価買取しております。

muji(無印良品)の家具の売却をお考えの際は、ぜひご相談ください!