ダブルベッドは買取できる?|査定基準・高く売るためのポイントについて解説

新居に引っ越す際や、ダブルベッドの買い替えの際、ダブルベッドを処分しなければならないことも。一般的に、ダブルベッドを処分する場合は費用がかかるため、買い取って欲しいという方も多いでしょう。そこで、このページではダブルベッド買取の際の査定基準や高く売るためのポイント、実際にアドア東京のダブルベッド買取事例をご紹介します。ダブルベッド 買取の際は、是非参考にしてみてください。

目次

そもそもベッドは買取可能?
アドア東京ではダブルベッドの買取も行っています

【売れる?売れない?】ダブルベッド買取の査定基準
ベッド本体の状態
マットレスの状態
ブランドの有無
ベッドの大きさ
中古ダブルベッドの買取相場

・ダブルベッドを売る方法

ネットオークション・アプリ
リサイクルショップ
家具買取専門店

・ダブルベッドを高く売るためのポイント
綺麗な状態にする・綺麗な状態を保つ

付属品や保証書、動作をチェックする
家具買取専門店に依頼する

中古ダブルベッドの買取事例
Cassina (カッシーナ)のDIMA(ディーマ) ダブルサイズベッドフレーム

Cassina ixcのCARNA クイーンベッド
Simmons(シモンズ )ビューティレスト エグゼクティブ プレミアム ダブルベッド
HIRASHIMA(ヒラシマ) CARAMELLA(カラメッラ) Counter Bed(カウンターベッド)オーク無垢材 ダブルサイズ

ダブルベッド買取のポイントを押さえて高く売ろう!

そもそもベッドは買取可能?


ベッドは買取可能です。ベッドは元値が高いことから、中古で少しでも価格を抑えたいという需要はあります。ブランドベッドで状態のよいものは買い手もつきやすくなるため、積極的に査定の依頼をしましょう。

アドア東京ではダブルベッドの買取も行っています

家具・家電の買取専門店のアドア東京では、シングルベッドのみならずダブルベッドの買取も行っています。ベッドの状態やブランドの価値を細かく査定しており、高額買取が目指せます。お見積もりのみでも、ぜひご相談ください。

【売れる?売れない?】ダブルベッド買取の査定基準


ダブルベッド買取の際の主な基準は、以下の5つです。

【ダブルベッド買取の査定基準】
・ベッド本体の状態
・マットレスの状態
・使用年数
・ブランドの有無
・ベッドの大きさ

買取に持ち込む前に、お持ちのベッドが基準を満たしているかどうか、チェックをしてみましょう。

ベッド本体の状態

ベッドは性質上、人肌に触れるため状態が悪いと使用感が感じられることから、買い手が敬遠し、売れる可能性が低くなります。そのため、状態がひどい場合は全く価値がつかないこともあるため、ベッドのフレームやヘッドボードなどに傷や汚れ、へこみなどがないか確認しましょう。自分で修繕できそうな範囲もしくは目立たない程度の傷であれば、事前にメンテナンスしておくことがおすすめです。

マットレスの状態

有名ブランドのマットレスは需要が高く、高額でも買取されやすいといえます。しかし、マットレスにシミ・カビなどの汚れ、タバコやペットなどの臭いがついていると、買取の対象外となり引取りしてもらえなかったりする恐れがあります。さらに、スプリングが壊れている、へたりやよれがあるといった場合も同様です。前もって改善できそうなところは改善しておくようにしましょう。

使用年数

ダブルベッドの使用年数が1~3年以内のものは、比較的買取されやすい傾向があります。ベッドは肌に触れる時間が長く、使用年数が長くなるほどに劣化していきます。劣化したベッドは買取額が安くなったり、最悪の場合引取りすらされなかったりすることも。またリクライニングなどの機能があるベッドは、型落ちすると買取額が安くなっていきます。高額での買取を希望する場合は、使用年数が短いうちに売るのがおすすめです。

ブランドの有無

ブランドベッドとノーブランドのベッドでは、売れる可能性と買取価格に大きく差が出ます。有名ブランドのベッドは需要が高く、高値で買取されやすいですが、ノーブランドのベッドは、状態が良好でも引取りができない場合が多くあります。ブランド品であれば正規品であること、ノーブランド品であれば引取りができない場合があることをあらかじめ確認しておきましょう。

ベッドの大きさ

ベッドの大きさが大きくなるほど、高値で買取できる可能性があります。ダブルベッドはシングルベッドよりも元値が高いため中古市場でも需要がありますが、より大きいワイドダブル以上のベッドであればさらに高額で買取されることも。査定の前にベッドサイズを確認してみましょう。

中古ダブルベッドの買取相場 


 

ノーブランド買取不可
ブランド品購入価格の0〜20%程度

ダブルベッドの買取相場は、ブランド品で購入価格の0〜20%程度の価格です。但しノーブランド品のベッドはお買取り不可となっているので注意が必要です。アドア東京では、正しい査定のもと、一点での買取から大口の買取まで柔軟に対応致しますので、見積もりだけのご利用でもお気軽にご相談ください。

ダブルベッドを売る方法


  • ネットオークション・アプリ
  • リサイクルショップ
  • 家具買取専門店

ダブルベッドを売るときの手段には、以上の3つが挙げられます。それぞれの方法の特徴についてご紹介します。

ネットオークション・アプリ

買取価格を自分で決められるネットオークションやフリマアプリは、業者を介さずにダブルベッドを売れます。ただし、価格設定が高すぎると買い手がつきにくくなるので、売るための工夫が必要です。また、梱包や配送の手続きまでも自分で行う必要があります。買取してもらうまでに時間がかかることもあるため、すぐに売る必要のない方や時間に余裕のある方におすすめです。

リサイクルショップ

リサイクルショップは、実際に持ち込む、もしくは出張を依頼して査定してもらうことで買取額が決まります。出張買取は手間がなく便利ですが、リサイクルショップの規模に注意しましょう。規模の大きいリサイクルショップでは家賃や人件費がかかり、高額買取されにくいことがあります。一方、規模の小さいリサイクルショップでは多少の汚れや臭いがあると査定額が引き下げられる可能性があります。

家具買取専門店

家具買取専門店は、出張買取を行っているところから店頭買取のみのところまで様々。リサイクルショップよりもダブルベッドの相場やブランドに詳しいため、高額での買取が期待できます。中でもアドア東京は、ブランドやメーカー次第でフレームのみの取引も。できるだけ高く売りたい、マットレスだけ取っておきたいなどの希望がある方は、家具買取専門店での売却がおすすめです。

ダブルベッドを高く売るためのポイント


【ダブルベッド買取価格をアップさせるためのポイント】
綺麗な状態にする・綺麗な状態を保つ
付属品や保証書、動作をチェックする
家具買取専門店に依頼する

ダブルベッドを高く売るポイントは3つ。それぞれのポイントを査定前にチェックしておきましょう。

綺麗な状態にする・綺麗な状態を保つ

高額買取のためには、綺麗な状態であることが必須条件です。シミや汚れ、傷、カビ、臭いなどがないか確認しましょう。自分で綺麗にできるところは、補修し、すでに綺麗な状態であれば、こまめに手入れをして綺麗な状態を保ちましょう。

付属品や保証書、動作をチェックする

ダブルベッドの他に付属品や保証書などがあれば、あらかじめ用意しましょう。付属品や保証書などが全て揃っていると、高額で買取されやすくなります。また電動リクライニングベッドなどの機能があるベッドは、正常に作動するかも確かめておくことが大切です。

家具買取専門店に依頼する

家具買取専門店では、ブランドの価値やダブルベッドの買取価格相場、需要なども考慮した査定額を提示してもらえます。もちろん、ベッドによって査定額は変わりますが、買取専門店ごとに見積もり額も違うため、複数の店舗から見積もりをもらいましょう。

中古ダブルベッドの買取事例

アドア東京はマットレスを含むダブルベッドやベッドフレームだけの買取など、数々の商品を買取しています。豊富なダブルベッド買取実績から、実際の事例をいくつかご紹介いたします。

有名ブランド・Cassina(カッシーナ)のDIMA(ディーマ)ダブルサイズベッドフレームです。数々のインテリアデザインを手掛けた片山正通氏がデザインした商品で、側面のスリットがモダンかつスタイリッシュな印象を引き立てています。デザイン性が高いだけでなく、機能性も抜群。板ばね式のスラットベースを採用してバネの硬さを調整もできるため、快適な寝心地が楽しめます。

Cassina ixcのCARNA クイーンベッド

Cassina(カッシーナ)のCARNA(カルナ)ダブルベッドの買取事例です。革の編込みをヘッドボードに取り入れ、フレームの外側をさらにラバーウッドのフレームで囲んでいるためデザインに深みがあります。カルナはカッシーナでの販売が終了し既に廃盤となっていますが、廃盤からそれほど期間が経っていないタイミングでの売却だったために買取できました。

Simmons(シモンズ )ビューティレスト エグゼクティブ プレミアム ダブルベッド

Simmons(シモンズ)のダブルベッド、ビューティレスト エグゼクティブ プレミアムです。本商品はユニバーサルデザインをコンセプトにしたボリューム感のある外観が特徴的で、シンプルかつスタイリッシュなデザインと使いやすさを融合させています。また、マットレスには中空構造の特殊ポリエステル綿を採用し、やわらかな風合いと感触を生み出しています。包み込むような安定感があり、よりソフトで快適な寝心地が楽しめます。

HIRASHIMA(ヒラシマ) CARAMELLA(カラメッラ) Counter Bed(カウンターベッド)オーク無

HIRASHIMA(ヒラシマ)のCARAMELLA(カラメッラ)シリーズのベッドフレームです。カラメッラシリーズの特徴でもあるデスクがヘッドボード裏についており、2口コンセントや引き出しもついています。天然木の反りは修正できないため、無垢素材の家具では木の反りが査定のポイントです。最近では無垢素材の家具が見直されてきて、中古市場でも多く取引されています。

CRASH GATE(クラッシュゲート) GOORIS BED(グーリスベッド) ダブルベッド

1982年創業の関家具が運営するブランド、CRASH GATE(クラッシュゲート)のオーク材ベッドフレームです。ヘッドボードは無垢材の経年変化していく表情や肌触り、その格好良さを味わえます。セットになっているマットレスには、TOKYO BEDが採用されています。無垢材を使用したベッドの買取では、反りやワレを確認します。査定に影響するポイントですので、日頃のお手入れが重要になります。

ダブルベッド買取のポイントを押さえて高く売ろう!

ダブルベッドを買取してもらうには、ベッド・マットレスの状態や使用年数、ブランドの有無、ベッドの大きさがポイントになります。さらに、付属品が揃った綺麗な状態のベッドを家具買取専門店に売ることで、高額での買取が期待できます。

アドア東京では、実際にお買取を成立させるだけでなく、お見積もりのお問い合わせのみでもご相談いただけます。ダブルベッドの買取実績が豊富なアドア東京へ、ぜひ一度お問い合わせください。