Carl Hansen & Son (カール・ハンセン&サン)買取

カール・ハンセン&サン(Carl Hansen & Son)は1908年、家具職人のカール・ハンセンが小さな制作工房をデンマーク、オーデンセに開設した時から
その歴史が始まりました。それ以来、カール・ハンセン&サンの信条となってきたのは、妥協の無い家具製作へのこだわり、常に新しいデザインを提案できるデザイナーとの信頼関係です。
カール・ハンセン&サンはこれまでに培った優れた技術と、その家具に最も適した素材で製作される、シンプルで美しく、さらに家具としての実用性を備えた製品を1世紀以上に渡り、高度な製作技術とクラフトマンシップで世に送り出してきました。

そしてカール・ハンセン&サンの現在に至る発展には世界的な家具デザイナーの一人、ハンス J. ウェグナーとの長年に及ぶ信頼関係が大きく影響しています。

コラボレーションがスタートしたのは1949年、カール・ハンセン&サンの二代目の社長だったホルガー・ハンセンが、当時まだ無名だったデザイナーのウェグナーに社運を託した時に始まりました。ウェグナーは最高傑作とし知られるYチェアをはじめ、数々の新しいデザインをカール・ハンセン&サンから発表しました。

1950年代、デニッシュモダンと言われるデザインを、世界的なムーブメントに
押し上げる大きな原動力となったウェグナー。そしてそれはカール・ハンセン&サンを世界的なメーカーになる重要なきっかけにつながりました。
現在においても最も偉大なデザイナーであり、世界中で販売され、コレクション
されているウェグナーデザイン。そのウェグナーのビジョンはカール・ハンセン&サンとともにあります。

カール・ハンセン&サンは今日、ウェグナーデザインを数多く生産する家具メーカーとして、ハンス J.ウェグナースタジオと密接な関係を続け、デンマークで製品を作り続けています。

現在、ニューヨーク、サンフランシスコ、東京、大阪、ロンドン、ミラノ、オスロ、ストックホルム、 コペンハーゲンにフラッグシップストア、ショールームを開設しています。

また伝統的な職人技術と最新技術を組み合わせることにより、タイムレスで何世代も受け継がれる家具を製作し、世界中の様々な建造物、インテリア空間で使用されています。
さらにコレクションの多くは、ニューヨークのメトロポリタン美術館やMOMAなどの美術館で、デニッシュモダンを人々に伝える役割も果たしています。

ハンス J. ウェグナー、オーレ・ヴァンシャー、フリッツ・ヘニングセン、コーア・クリント、 モーエンス・コッホ、そしてポール・ケアホルムなどのミッドセンチュリーを代表するデザイナーの家具を作る一方で、新世代のデザイナーたちともそのオリジナル性、核となるビジョンを大切にし連携し発展し続けています。

 

——————————————–
アドア東京では、Carl Hansen & Son (カール・ハンセン&サン)の北欧スタイル家具や椅子を高価買取しています。
——————————————–

北欧スタイル家具や椅子の中でもCarl Hansen & Son (カール・ハンセン&サン)の家具買取には特に力を入れています。

経験豊富なスタッフが、その場で査定をします。 あなたの思い入れのある家具だからこそ、高価買取でご提案する努力は惜しみません。

アドア東京は、業界最高値でCarl Hansen & Son (カール・ハンセン&サン)の家具を高価買取いたします。