カイ・クリスチャンセン 出張買取-アドア東京-港区 「No.42」チェア 北欧家具

カイ・クリスチャンセン 出張買取-アドア東京-港区 「No.42」チェア 北欧家具


先日、港区のお客様からのご依頼で、カイ・クリスチャンセンの家具を出張買取いたしました。

正面 カイ・クリスチャンセン 「No.42」チェア 北欧家具

1960年代の北欧デンマーク製Kai Kristiansen (カイ・クリスチャンセン)によるNo.42 チェアです。

1957年頃にSchou Andersen(スコウ・アンデルセン)にて発表され、
デザイン性が高く再現性が困難だといわれた美しいフレームの造形と、特徴のある可動式の背もたれのデザインが素敵なチェアです。

「製品詳細」

品名:No.42 チェア

デザイナー:Kai Kristiansen (カイ・クリスチャンセン)

材質:チーク材、ファブリック

サイズ:W54/D55/H74(SH45.5)cm

年代:1960年代

側面 カイ・クリスチャンセン 「No.42」チェア 北欧家具

後ろ脚がアームや背もたれと一体となっているとても特徴的なデザイン。

背面 カイ・クリスチャンセン 「No.42」チェア 北欧家具

こちらは当時のヴィンテージ品です。現在は宮崎椅子より復刻されています。

背もたれアップ カイ・クリスチャンセン 「No.42」チェア 北欧家具

背もたれの可動部は復刻モデルでは金属製に変更されています。

裏側 カイ・クリスチャンセン 「No.42」チェア 北欧家具

💡買取のポイント!

カイ・クリスチャンセン 「No.42」チェアの買取査定では、全体的なコンディションをチェックしました。

材質やコンディション、現代のモデルなのかヴィンテージ品なのかでも査定は変動します。

特にヴィンテージ品の場合は座面や背もたれなどのクッションに汚れやへたりがあったり、リペアが必要な場合は査定がマイナスになります。

全体 カイ・クリスチャンセン 「No.42」チェア 北欧家具

買取のアドア東京では、ヴィンテージ品から現代の復刻品まで様々なカイ・クリスチャンセンの「No.42」チェアを買取しています。

豊富な知識と経験に支えられたプロのバイヤーが、お客様が共に過ごされてきた大切な家具の正しい価値をご案内いたします。

多少の痛みがあっても、できる限りのメンテナンスをして、次のオーナー様に安心してお使いいただけるようにしておりますので、ご不要になった際には是非信頼と実績のアドア東京までご相談ください。

デザイナーズ家具の買取はこちらもおすすめ!


カイ・クリスチャンセンの家具の出張買取はアドア東京へ!

東京都世田谷区上用賀6-26-7 永井ビル1F
☎ 0120-531-017 (9:30-18:30)